Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
今が旬だよ!芽キャベツ最高!! | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

今が旬だよ!芽キャベツ最高!!

      2018/12/15

11月も下旬に入り、イベントが次から次へと押し寄せる中、ついつい甘いものや、こってりした料理を食べる機会が増えてくる。だからこそ取り入れたい今が旬のお得な「あれ」を料理してテーブルにのせて健康的な食卓へ早変わり!

芽キャベツとは

芽キャベツ(Brussels sprouts )はアブラナ科の一種である。日本では静岡県が主な産地である。湿気や高温に弱いため、収穫時期は11月から3月までとなる。まさに今が旬の野菜。アブラナ科の一種だが、ほかのアブラナ科の野菜ではキャベツやブロッコリーが有名だろう。

芽キャベツの栄養

この野菜、1つが非常に小さい割には、ビタミンC、ビタミンB1、イソチオシアネート、ミネラル(マグネシウム、カリウム、葉酸、カルシウム、βカロチン)が含まれている。特に注目したいのがビタミンンCの含有量の多さである。また、アブラナ科の一種であることから、イソチオシアネートが含まれているということである。では、この二つを見てみよう。

ビタミンCの含有量

ビタミンCの含有量がキャベツの4倍というからすごい量だ。「キャベツの4倍」といってもピンとこないが、「芽キャベツ5つ食べると1日に必要なビタミンCが摂取できる」というと理解しやすいだろう。1日に必要なビタミンC量を摂取できている人は少ない。しかし特に今の時期、この芽キャベツを5~6個食べるとそれが達成できてしまうのだ。

ビタミンCの効果

ビタミンCは体がストレスを受けることによって産生される疲労物質に働きかけるため、ストレス軽減に一役かっている。また、メラニンの生成を抑制し、コラーゲンを生成、保持する働きを持つことから肌のうるおいは勿論、美容の面でもありがたい。ホルモン代謝もあるのだから、健康維持には欠かせない。

ビタミンCの多い芽キャベツの料理のしかた

「ビタミンCは熱に弱く、加熱しないほうがいい」という言葉を耳にしたことはないだろうか?これは間違いである。加熱によるビタミンCの損失は全体の2割程度と言われている。そのため、炒めたりすることで失うビタミンC 量を気にする必要はあまりなさそうだ。しかしビタミンCは水溶性であるため、水と一緒にする料理ではその中に流れ出てしまうのである。スープ、鍋などの料理ではそのスープの中にビタミンCが流れ出てしまっているのである。ビタミンCの流出をできるだけ少なくしたいのであれば、炒め物、蒸し物などにするほうがいいだろう。

おいしい芽キャベツの食べかたの紹介

これは、アメリカではよく見る料理。とてもシンプルだが美味しい。

材料

芽キャベツ:好きな量だけ

オリーブオイル 大さじ1~2(芽キャベツの量で調整。全体的にオリーブオイルがいきわたるように)

塩、コショウ、適量

マヨネーズ 大さじ5(芽キャベツの量で調整。★印の量の割合は基本の量)

SRIRACHA HOT CHILI SAUCE 小さじ1/2から1/3 

はちみつ 小さじ1~2 好みに合わせて

作り方

まず、芽キャベツを洗って、縦半分に切ろう。

ボールに芽キャベツを入れて、オリーブオイル、塩、コショウを入れて全体にいきわたるように混ぜる。

アルミホイルを敷いた板、あるいはオーブンOKな平らな容器に平らに並べ400度のオーブンで30分焼く。

焼いている間に、★印の材料を容器にいれて混ぜ、食べるときにつけて食べてもいいし、出来上がった芽キャベツの上にかけてしまってもOK!

マヨネーズとSRIRACHA HOT CHILI SAUCEの組み合わせは最高!アメリカではどこのスーパーでも簡単に手に入るが日本だと中国系のスーパーや食品を扱うお店で手に入るかもしれない。

イソチオシアネート

この成分はがんを抑制する成分として注目されている。もともと大根などの辛み成分として知られていただ、がんを抑制する成分であるということが分かってきており、また肝臓において解毒作用を促進する働きもあることから、発がん性物質が体内をめぐるのを防いでくれるというわけである。この成分はキャベツにも含まれている。キャベツは辛くないが、キャベツの中に含まれているグルコラファニンという成分が体内に入りイソチオシアネートの一種であるスルフォラファンになることから、キャベツもがん抑制作用がある言われているのである。その他、ブロッコリーにもスルフォラファンが含まれているとして近年注目されており、スプラウトブームを引き起こしたことは記憶に新しい。ちなみにこれらの野菜100g中に含まれるスルフォラファンの含有量は、キャベツ、ブロッコリーで5060㎎、芽キャベツ235㎎、スプラウト10002000㎎となる。

おわりに

いかがでしたか。Thanksgiving is just around the corner ! このあとはクリスマスと、イベントが続く季節。そしてテーブルには豪華な食事がずらりと並ぶ日が多くなる。メニューを考えると頭を悩ます人も多いはず。しかし、1品でも2品でもこうした料理をテーブルにのせると、「箸休め」ではないが、胃への負担を軽減すること間違いないだろう。

 - 健康