Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
XEM(NEM)が流出、その額580億円分の価値 | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

XEM(NEM)が流出、その額580億円分の価値

   

暗号通貨(仮想通貨)という言葉がだいぶ庶民の間に浸透してきており、もはやビットコインやイーサリアムはという主要な通貨以外のアルトコインに注目が集まっている。日本の暗号通貨(仮想通貨)取引所で取引でいるアルトコインは海外に比べればまだ少ないが、そんな中、特に日本人、中国人の若者に人気のあったXEM(NEM)が、コインチェックという取引所から大量に流出してしまったとうニュースが、世の中を驚かせている。その額580億円。

この数字を聞いて真っ先に頭によぎるのは、2014年に発生した「MTGOX」事件。この時の被害金額をはるかに上回るから凄い事件だ。

先日、コインチェック側が記者会見したが、明確な返答はなく、ただただ調査中ということのみ。度重なる厳しい記者の質問の中で繰り返される今回の事件の盲点「セキュリティ」について、大塚雄一取締役(COO)は、「セキュリティが甘いわけではない」「(セキュリティ)が低かったから狙われたという認識はない」と繰り返すも、言葉に詰まる場面が多く見られた。しかしコインチェックでは、ビットコインとイーサリアムのみコールドウォレットを使用しおり、それ以外はホットウォレット、いわゆるネット上に置いていたわけだ。この時点でセキュリティが甘かったと認識する。現在コインチェックはすべての暗号通貨(仮想通貨)の取引を停止している状態だが、XEM(NEM)以外の通貨の流出はないとの見解を示しているのみ。お金を預けている顧客からはすれば、一刻も早くコインチェックに預けているお金を取り戻したいだろう。XEM(NEM)以外のアルトコインが今の時点で被害にあっていないのあれば、一刻も早く顧客にそれらを戻すべきではないかと個人的には思う。また、顧客の資産に対する補償については「検討中」というのみ。この時点でまず戻ってこないと考えた方が賢明だろう。

今後考えられるコインチェックの最悪のシナリオは、会社側の倒産である。しかし、コインチェックは手数料で数十億円は設けているはずである。被害金額には全く及ばないが、これらを被害にあった顧客への補償へ使ってもらいたいものだ。

 - 気になる