Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
メンタルヘルスについて知っている? | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

メンタルヘルスについて知っている?

   

毎日食べる食事や飲み物はもちろん体にその栄養素を届けるわけだが、それらの栄養素がメンタルに影響しているのをご存じだろうか?毎日食べる栄養素が体そしてメンタルに健康に働きかけているのか、それとも逆に悪い方向へ働きかける栄養素なのか、きちんと知ることは大事だろう。

誰もが知るであろうメンタルに栄養を与える基本的な3つの考え方

避けるべき物について基本的な3つの原則

1、飲み物は砂糖やカフェインがたくさん入った飲料は避けよう。ダイエットソーダののような人口甘味料が入ったものなら

大丈夫と勘違いする人は多いが、そもそもダイエット甘味料は違う健康面でのリスクがある、そのため避けるべきだ。

2、朝食を食べない人は多いが、朝食を食べなかったり、高脂肪の食品、甘い食べ物は朝食には不適切である。

3、昼食や夕食は、高脂肪の食品や特に揚げ物、加工食品、砂糖がきいた甘い食品は避けよう。

こうしてみると当たり前と思えることかもしれないが、食が豊富な現代、毎日食べている食品をよく見てほしい。意外と高脂肪だったり、砂糖の含有量が多かったり、加工食品を取り入れていることにきずくはずだ。では、積極的に取り入れたい食品とはどういうものなのか。

積極的に取り入れたい食品、基本的な3つの原則

1、水を摂取するようにしよう。水を十分取り入れることで間違いは起きることはない。(体の健康状態により、水分制限がある人はこの限りではない)

2、朝食は、時間がなくて食べない人が多い。そういう人の場合、全粒穀物でできたグラノーラバーなどを食べるとよい。あるいは低脂肪、砂糖控えめなヨーグルトや果物を一口食べて一日をスタートさせるとよいだろう。

3、夕食は、フルーツや野菜をたくさん摂取しよう。また、ナッツ類、全粒穀物、魚、オリーブオイルなどの、体に良いオイル(脂肪)を摂取するようにしよう。

こうしてみると意外に単純と思うかもしれない。しかし、日ごろ食べる食品と照らし合わせてみると、意外と上記以外の食品の割合が多いことにきずくだろう。ただ、メンタルヘルスの健康の維持には、食品以外に、もう一つ大切なことがある。それは「体を動かす事」なのである。

あなたのメンタルは運動が大好きなのである。

何とも分かりににくい表現だろう。多くの人が運動を定期的に取り入れている理由は、何も身体を健康に保つだけが目的ではないのだ。運動を定期的に取り入れると、

1、ストレス、怒りや怒りたい気持ち、周りから注目してもらいたいと思う気持ちが減る

2、不安に思う気持ち、鬱が減少する

3、いいアイデアが浮かぶ、頭がすっきりする

というメリットがあるのだ。

特に専門家は運動は

1、鬱積した筋肉が柔らぐ

2、満足感を与えるホルモン刺激される

3、ストレスホルモンが減少する

4、頭への血液循環が増える

というくらいだ。良いことずくめなのである。どのような運動なら定期的に続けられるか、ぜひ見つけたいものだ。そして続けていくことに損はないはずだ。

では、あなたのメンタルが健康なのかどうやって見極められるだろうか?自分の体からサインはないだろうか?もしかしたらメンタル的な健康が損なわれている可能性があるかもしれないと思われるいくつかのサインを書き出してみよう。

背中の痛み、食欲に変化がある、胸の痛み、便秘や下痢、口が渇く、ものすごく疲れる、疲労、筋肉の痛み、頭痛、血圧が高い、眠れない(長い時間眠れない)、頭がくらくらする、もうろうとする、めまい、動悸、息苦しさ、首の筋肉の懲り、筋肉の懲り、寝汗、胃のもたれ、体重の増加や減少。

これらの多く症状は、他の健康問題ともリンクしている。そのため、何かしらの症状がある場合、医師に身体的にある症状や、生活上かかえる気分的な、あるいは精神的な問題について正直に話すことが大切なのだ。

まとめ

いかがでしたか?いがいとメンタルの健康は、ストレス社会の現代、見落とされがりな部分でもある。しかし、メンタル面が健康でないと、身体的に症状が現れ、引いてはこのストレス社会で生きていくことが難しくなってくる。いつも誰かの為、あるいは会社のためなどと、自分をいつも置き去りにする理由をいうことで自分のケアをしない言い訳をするのではなく、いつも自分と向き合って、自分をケアすることの大切さを知るべきなのだ。

 

 - 健康