Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
日本市場を読み切れなかったアメリカ車、フォードの失敗 | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

日本市場を読み切れなかったアメリカ車、フォードの失敗

   

フォードといえばアメリカ車で誰もが知る車。日本から撤退することが決まった。しかし何も不思議はないかもしれない。

日本の車は世界でもその性能の良さは有名である。しかし日本国内でも外国車を見かけることはよくあること。だが、そのほとんどがヨーロッパの車である。BMW、ベンツなど見かけたことはあるだろう。当然、値段も高いため、購入する人はたいていお金持ちなのは想像できる。このお金持ちの人達が日本にいて外車を購入しようと思ったとき、わざわざアメリカ車のフォードを選択肢に入れないのはなぜだろうか。

まずサポート体制が違う

これは顕著だろう。日本の車販売会社が提供するサポート体制が当たり前と思う日本人に対して、引け目の無いくらいの、あるいはそれ以上のサポート体制がなければ購入するメリットはないだろう。車は故障したり、不具合が生じたり、これらは生命を脅かす要素である。であれば尚更サポート面がしっかり整った会社を選択するのは当たり前である。また、日本とアメリカとでは交通ルールが異なり、車のハンドルの位置が逆である。従って日本の交通ルール上、左ハンドルの車を運転するのは抵抗があるはずだ。左ハンドルのまま販売するには無理があるだろう。

日本とアメリカの道路事情、住宅事情の違い

日本は車を駐車する場所を確保することは非常に難しい。駐車場も持つ一軒家であっても、そのスペースは決して大きくはなく、駐車できる車のサイズに限界がある。また、住宅が密集している場所であればなおさら大きな車は扱いにくい。日本とアメリカでは車両の道幅の設定が異なり、このことから対応できる車幅、道幅に見合った車幅(運転しやすい車幅)はアメリカのサイズとは大いに異なるだろう。日本の車道に対してフォードの車幅は法律内ではあるが、かなり占める。また、サイズ(内装も含む)が日本人に合わないだろう。大きすぎるのである。

宣伝の仕方

日本のTVでアメリカフォードの車の宣伝を見たことがあるだろうか。私はない。逆にベンツやBMWならCMでみたことはある。宣伝に力を入れていなかったことは大きい。宣伝しなくても日本人に好まれると思っていたのかもしれない。しかし、仮にそうだとしたら大きな誤算だろう。

まとめ

日本車は世界でもトップクラスをいく。日本国内で日本車という素晴らしい選択肢があるにも関わらず、あえてアメリカ車を選択するには、日本車を上回る何かがないとまず難しいだろう。そこには、住宅事情、ライフスタイルなどを知ることはもちろん、ニーズの違いがあることは言うまでもない。それらをふまえ日本人が好む車を持ってこない限り、日本国内でアメリ車が定着することは難しいだろう。

 - 気になる