Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
オリーブオイルの上手なとりかた | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

オリーブオイルの上手なとりかた

   

オリーブオイルは油の中でも体に良いオイルとして知られている。油というと悪イメージを持ちやすいがよい油は摂るべきだ。しかしその特徴をしっかり理解していないと、悪い油になってしまう。

オリーブオイルの種類

店頭には一番搾りのエクストラバージンと、ピュアタイプの2種類がある。どちらがいいのか迷う人も多いだろう。エクストラバージンタイプは風味、匂いがピュアのものより強めである。一方ピュアタイプは、精製したオリーブオイルに1割以上のエクストラバージンオイルを加えたものでる。風味、匂いはマイルドに仕上がっている。オレイン酸の含有量は同量である。オリーブオイルの風味、匂いが苦手という人も少なくないため、その場合はピュアタイプがおすすめである。

オリーブオイルが体にいい理由

そもそもオリーブオイルが体に良いといわれるのはオレイン酸の含有量が多いからである。このオレイン酸は一価不飽和脂肪酸の代表格である。人間のからだの中で作られているのである。しかし年齢と主に減少してくるため食事から補う必要がある。この作用は体内にある悪いコレステロールを下げてくれる働きや生活習慣病の予防があげられる。この一価不飽和脂肪酸の中にはオリーブオイルの他に菜種油などがよく知られる。しかしオリーブオイルはそのまま摂取することが非常に大切なのである。オリーブオイルは熱を加えるとその成分が崩れ始める。正確な温度はオイルの不純物によってもわかるため一概にこの温度とはいいがたいが105度から200度くらいが目安である。オリーブオイルで野菜を炒めたり、煙が出るくらいまでフライパンや鍋を熱することは避けたい。

オリーブオイルのいがいな摂りかた

先に述べたようにオリーブオイルは熱に弱い。つまりそのまま食べることが推奨されている。よく知られているのはオリーブオイルでドレッシングを作ることだ。それ以外の意外な方法を紹介する。パスタを茹でた後、皿にもってからオリーブオイルをかける。この時パスタの温度が少しさめてからにしよう。オイルの風味をそのまま堪能できる。パンを食べるとき、バターの代わりにオリーブオイルをつけて食べる。しかしこの時オリーブオイルだけでは味気ない。そのためオリーブオイルにバルサミコ酢を数的たらしてそれをパンにつけて食べると美味しい。特に固めのパン(フランスパンなど)の時はおすすめだ。蒸し焼きにした野菜、魚を食べる直前に少しオリーブオイルとかけるとよい。この時好みでガーリックパウダーをオイルと混ぜてかけるとよい。オリーブオイルとガーリックの相性はよい。トマトスープを作ったら、食べる直前にオイルを少しかけるとよい。スープの温度が少しさめてからにしよう。

オリーブオイルが便秘に良いという話

かつてオリーブオイルが便通に良いといわれ、そのままスプーンで2杯程度とるといいといわれた。しかし便通の為にオイルをそのまま摂取するのは抵抗がある。そもそもオリーブオイルが体に良いからといっても、オイルであることには代わりなく過剰な摂取はよくない。日常の食事のなかで人は様々な形でオイルを摂取しているため、その上であえて便通の為にオイルをスプーンで摂取すると過剰な摂取につながる人も多いはずだ。あくまで日常の食事の中にオリーブオイルを取り入れることがポイントなのである。便通の改善のためにオリーブオイルをとるのではなく、日常の食事内容に食物繊維を取り入れたり、運動を取り入れるなどをして便通の改善を図ることのほうが重要である。また、日常の食生活の中でなかなか食物繊維を摂取できない場合は、シリアルを大いに活用することをお勧めする。食物繊維だけでなく、他の必要な栄養素も同時に摂取できるため、メリットが高い。

まとめ

いかがでしたか?オリーブオイルがいいといわれてはいるが、その摂り方や量には気を付けたい。また、オリーブオイルは大瓶で販売されていることも多いが、できれば小さい瓶のものを購入したい。ふたを開けたり閉めたりすれば当然空気に触れる時間が長くなり、その回数が増えれば増えるほど酸化が進む。一気に大量に使うならよいが、そうでなければ小さい瓶を購入したい。いろいろバリエーションを変えて楽しく美味しくオリーブオイルを摂取していこう。くれぐれも、過剰な摂取には気を付けよう。

 - 健康