Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
日本球界に新しい風!ケビン安藤が日本で入団テストを受ける | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

日本球界に新しい風!ケビン安藤が日本で入団テストを受ける

   

日本のプロ野球選手がアメリカメジャーリーグに憧れを抱き渡米する選手は多い。そして日本プロ野球団も外国人選手を起用してるのは新しいことではない。しかしそのどれもが球団からのアプローチであることが多い。ケビン安藤の場合は少し違う。18歳の彼は、なんと8歳の頃から日本のプロ野球団に憧れを抱いていたのだ。子供の頃の夢を日本で実現しようとしているのだ。とかく夢を大きくもって世界へ羽ばたくというと、海外へ飛び出すイメージを抱きやすいが、彼の場合その飛び出ていく先は日本に決めていたのだ。

彼はアメリカカリフォルニア州のオレンジカウティーに生まれ、そこで育つ。このカリフォルニアのオレンジカウンティはロサンゼルスのすぐ南、サンディエゴのすぐ北に位置する。カリフォルニア州ではロサンゼルスに次ぐ2番目に人口の多い場所だ。全米でみると5番目に人口の多い場所として知られる。オレンジカウンティーは海も近く、天候がとにかくよい。そのため人気のある場所である。有名なディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーはオレンジカウンティにある。ナッツベリーファームというテーマパークもあり、観光客に人気だ。治安もよく、語学学校が多い。そのため海外から留学生が多い。

日本人を両親に持つ彼はアメリカで生まれ、家庭では日本語しか話さず、両親の友人も駐在員の日本人ばかりのため、現地の保育園では英語の理解に苦しんだというエピソードがある。しかし彼は本当のバイリンガルである。一部で日本語の理解や会話などを懸念する声もあるが、小さい頃からの両親の育児の仕方で彼は日本語、英語と二か国後が使えるように育っている。18歳の今までアメリカの環境で学び育った彼は、英語のほうが得意かもしれない。しかしまだ18歳の彼はこれから日本語の能力もどんどん伸びることは間違いない。大きな夢を抱いて日本へ来日するケビン安藤、彼を伸ばすかつぶすかはある意味球団の力にもかかっているのではないか。これまで日本のプロ野球界にはなかったアメリカ育ちの若者の日本球団への憧れ。前例のない逆輸入パターンだ。彼は広島と巨人の入団テストを受ける予定だ。ぜひとも頑張ってほしい。私は応援したい。

 - 気になる