Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/shibabiz/eastwesttrends.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
トイレの黄ばみ、黒ずみの落とし方 | カメさんの頭ン中

カメさんの頭ン中

*

トイレの黄ばみ、黒ずみの落とし方

   

トイレがきれいだと気持ちがいいものだ。トイレというと「臭い」「汚い」とイメージを持ちやすい。特に、頻繁に掃除をしてもいつの間にかトイレの水面のところにできる薄黒い、あるいは茶色っぽい線や黄ばみなど、見た目が非常に「汚いトイレ」になってしまう。いろんなトイレ洗浄剤を使ってもこれはなかなか取れない。しかし落とすことはできるので紹介しよう。

トイレの「臭い」の原因

トイレは尿や便を排泄するところ。そしていつも水で湿っている状態。基本的に水のあるところにはカビが発生しやすい。尿に含まれている成分がカルシウムと結合すると「尿石」というものになる。この尿石は水に溶けづらい性質を持っている。更に、尿石が便座、便器に付着して、そこに雑菌がついて繁殖し始めると臭いの元であるあ「アンモニア」を発生するというもの。特に気温が高くなる夏場は臭いが強くなるだろう。この臭いが発生している場所は、便座、便器だけでなくトイレの周りの床の場合も多い。尿が散在している場合があるからだ。トイレ掃除をする時はトイレと床は掃除しよう。

便器の汚れ落とし

先ほど、尿に含まれている成分がカルシウムとと結合すると尿石になるとう話をした。これは「アルカリ性」でる。つまりアルカリ性の汚れ落としには「酸」の入っているトイレ洗剤で落ちるはずだが、汚れ具合によって落ちない場合も多い。しかし最初はこの「酸性」のトイレ洗剤で挑戦してみよう。ここで注意が必要だ。まず窓を開けて喚起をよくすること。そしてといれの水面を下げおく。こうすることで酸の洗剤が付着する面を広くできる。汚れにあるところに酸性の洗剤を塗布する。最後にティッシュで覆っておこう。そのまま放置すること1時間。酸性の洗剤を塗布する時、目に入らないようきをつけよう。できればメガネなどで目を防ごう。1時間後トイレブラシなどで擦ってみる。

酸性洗剤で落ちない場合

酸性のトイレ洗剤で落ちないトイレの汚れに悩む人は多い。こういう時はほかのトイレ洗剤ではまず落ちない。この場合迷わず耐水ペーパーを使おう。これは専門家も使う方法だ。この耐水ペーパーには番号があり、数字が大気くなるにつれて目が細かいことを意味する。トイレの黄ばみや黒ずみの汚れを落としたい場合は、1500番から2000番くらいのものを選ぼう。目が粗いものを選ぶとトイレを傷つけてしまう。耐水ペーパーと普通のサンドペーパーの違いは、要は水にぬれたときにふにゃふにゃになって使えなくなるサンドペーパーに比べ、耐水ペーパーは下地が耐水紙ででいている為、水に濡れても擦ることがでいるのである。強くごしごしこする必要はない。強くこすると傷つけてしまうため、最初は目立たないところで少し試してみよう。

トイレの掃除が終わったら、匂いの工夫

トイレのタンクの上の水が流れるところは手洗い場として活用している人も多い。この場所に造花の花や葉を置き、そこに使わない香水やコロンを1-2回ほどシュッシュッとふりかけておくと、トイレ内がいい匂いになる。見た目も花や葉があると明るくなる。

まとめ

いかがでしたか?トイレの掃除で悩む人は多い。しかし想像以上にトイレの汚れは頑固なため、それを落とすための方法は限られている。もちろん汚れの程度で汚れの落ち具合というものが変わってくるが、最初に酸性トイレ洗剤を試し、それでも落ちなければ洗剤では無理なのである。そこまでの頑固なトイレの汚れの場合は、迷わず耐水ペーパーできれいにしてしまおう。

 - 生活